混声合唱 さくら
さくらのブログ

 当団ホームページをご訪問くださり、ありがとうございます。

わたしたちは、広島・廿日市で活動をしている混声合唱団です。

ごあいさつ

「混声合唱さくら」は、平成22年4月に、廿日市市を中心に合唱の好きな男女33名が集い結成しました。

指導者には、廿日市市に新しい音楽の風を吹き込んでいる藤咲真介先生をお招きしました。

合唱団のコンセプトは、「こころを開いて楽しく歌え、楽しく集える」です。

団名は、廿日市市の木が さくら であることから、皆さんに親しまれ愛される合唱団になりたいと、

「混声合唱 さくら」と決めました。ちなみにさくらの花言葉は、「こころの美しさ、精神の美」だそうです。

結成以来して、団員の増減はありましたが、8年目の現在50名です。

これからも名前に負けないように頑張ります。
混声合唱 さくら 代表 杉山勝範

?お知らせ & 新着情報?
最新更新日 2018年2月1日
○ 「混声合唱さくら」"春のコンサート"を開催します
 「混声合唱さくら」ではこれまでの練習の成果を地域の皆様に聴いて頂き、楽しんでいただきたいとコンサートを開催します。
日時:2018年4月8日(日) 開演 13時30分
     (開場 13時  入場料 500円)
場所:はつかいち文化ホール さくらぴあ小ホール
曲目 さくら、混声合唱組曲「心の四季」より、
   こころようたえ、流浪の民、酒飲み音頭、ほか
指揮 藤咲真介  ピアノ 齋藤真由美
 問い合わせ先は右欄案内ちらしをご覧下さい。
こちらから





をご覧下さい
○ 竹内志乃さんが16回目のピアノリサイタルを開催しました
 2017年12月2日(土)さくらぴあ小ホールにて 
今年2回目となる「第16回竹内志乃ピアノリサイタル」を開催しました。
 第1部はJ.S.バッハやベートーベン、モーツァルトなどからハ長調の曲を中心に演奏、第2部はR.シューマンの謝肉祭の演奏で来場者を楽しませました。
こちらから




をご覧下さい

○ 『廿日市中央市民センターまつり』に出演しました
 2017年11月26日(日)『廿日市中央市民センターまつり』ステージ発表の部に参加出演しました。
「湯かむり唄」「北酒場」「酒飲み音頭」の3曲を披露しました。

○ 『広島県合唱フェスティバル2017』に参加しました
 合唱の祭典「広島県合唱フェスティバル2017」が平成29年10月15日(日)<はつかいち文化ホール>にて開催されました。
 混声合唱さくらはDブロックに出演し『心の四季』より「風が」と「流れ」の2曲を演奏しました。
 今回は4ブロックに40団体延べ約1000人の仲間が参加し、盛大な祭典となりました。

更新日:2017年8月1日
平成29年6月11日(日)廿日市市合唱祭が開催されました
今年で第11回目を迎える合唱祭。市内で活動する28合唱団延べ
約600人が出演しました。
「混声合唱さくら」は15番目に出場し「合唱のためのエチュード」より
EtudoXと「みどりの風に〜平和・夢・未来」を演奏しました。

こちらから

「合唱祭プログラム」 
「合唱祭写真アルバム」
演奏曲「みどりの風に」(動画)

をご下さい。

平成29年7月1日(土)竹内志乃さんがピアノリサイタルを開催されました。
『混声合唱さくら』のソプラノ竹内志乃さんは今回15回目のピアノリ
サイタルを開催されました。
今回は、ベートーベンやショパン、モーツァルトやシューマンの幻想
曲でプログラムが組まれており、ひととき 夢の世界を楽しみまし
た。 
演奏曲目、曲の解説は こちらから

 「リサイタルプログラム

 をご覧下さい
平成29年6月25日(日)おかあさんコーラス大会が開催されました。
40回目を迎えたおかあさんコーラス大会は31団体が参加し、思い
おもいの曲、衣装に振り付けで研を競いました。
8月に行われる岡山での全国大会には「マミーシャンテ」と「ぱすてる
 とおん」が推薦されました。
全体結果は こちらから

「コーラス大会結果」 

をご覧下さい。
平成29年10月15日(日)広島県合唱フェステバル2017が開催されます

「広島県合唱フェセスティバル2017」が きたる10月15日(日)地元
廿日市市の<はつかいち文化ホール さくらぴあ>で開催されま
す。
県内からたくさんの合唱団が参加し、盛大な合唱祭になることが期
待されます。「混声合唱さくら」も出演予定です。

こちらから

「広島県合唱フェスティバル2017開催要項」

をご覧下さい。
各ページの情報更新
次のメニューページ内容を更新しました。
1.活動内容 「平成29年度 活動予定」を追加しました。
2.問い合わせ先に「中央市民センター」を追加しました。
こちらから

「平成29年度活動予定」
「問い合わせ先」

をご覧下さい。